≪いらっしゃいませ~≫

≪プロフィール≫

あかねこ

Author:あかねこ
銃と魔法が大好きなぬこむすめ
あちこちネトゲをかじりつつ
今日もひた走る
         読み猫知らず
現在はFF11(Valefor鯖)
真三国無双オンライン(劉備軍)
あたりで迷走ちゅう

≪最近の記事≫

≪カレンダー≫

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

≪星が見える名言集100≫

≪カテゴリー≫

≪月別アーカイブ≫

≪リンク≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンセンヘユコウ!

さく さく さく
落ち葉の上を歩くとこぎみのいい音がする。
見上げれば透き通った空と紅色に色づいている葉が絶妙な美しさを醸し出していた。
「にう~、葉っぱが赤くてきれいやね~」
景色を楽しみながら、さくさくさく
残念ながらリムジンフライヤーは全部貸出し中止だったので4人で林道を歩いていく
「ねこちゃ、これは紅葉っていうらしいわよ?」ガイド片手にソフィーが説明する。
「きれいじゃの、歩きで正解じゃったかもしれんの」「そうですね~」
OYA-Gも美しい景色に満足そうだ。
それに対してセスタはちょっと上の空
「どうしたのかの?」
「いえ、ここの原生生物ちょっとやっかいなんで襲われたら4人でだいじょぶかなーと」
「あら、でもドラゴンほどじゃないんでしょ?」
「それはそうですけど」「なら大丈夫よ^^」
「ガーディアンのほとんどがパルムの対応に終われててこっちまで回ってこないんですよねー」
「それはいけないわね、帰ったら―」
ぷぎゃー
「ん何?、今のねこちゃが踏み潰された悲鳴のようなの音は?」
「ソフィーさんまさしく踏み潰されてます!」
「どうやら敵がおいでなすったようじゃ!」
悲鳴のほうを向くと道の先でぽてちんと倒れているねこ娘の上を小さな動物が数匹で踏みつけている
セスタとOYA-Gが武器を転送しながら駆け出した
「ちょっと!私のねこちゃになにするのよ!!」ソフィーがナノトランサーから杖を取り出し一気に振りぬく
瞬時に火のテクニックが発動し紅蓮の炎がOYA-Gの頬を掠めあかねこのすぐそばの地面に激突する
小さな爆発起こり30cm大のクレーターをつくった。
小動物たちと仲間達までもがギョっとした顔でこちらを見ている
「も、もちろん威嚇法撃よ!さ、はやくねこちゃを放さないと次は当てるわよ!」
あまりの迫力にわーっと蜘蛛の子を散らすように小動物が逃げていく。
あかねこだけが取り残されブルブルと震えていた。逃げたいけれど腰が抜けている
「オネガイシマスイウコトキキマスカライノチダケハタスケテクダサイニャ」
「お馬鹿さんね、私がねこちゃを攻撃するはずないでしょ?」
(うそだの)(うそつけ)(ほんとかにゃ?)
「ここからは武器を所持していきましょ!それと、単独先行もだめよ!」
「んぐ、はいにゃ」
psu20060910_003452_026_R.jpg

「いくわよー!」
(まっさきに)(つっこんで)(いってるにゃん・・・)




ここはちょっち敵がいやらしかった
走り回ったり地面に潜ったり遠距離攻撃してきたりとなかなかにテクニックが当てにくい

psu20060910_002716_024_R.jpg

「着たよ!あいつらの吐く氷の息に気をつけて!」

psu20060910_004024_027_R.jpg

「ぎにゃー」カキーン
「う、持って帰ってお部屋に飾りたいわ・・・」

だが氷を吐く分火に弱い
「遊んであげるわ」ギャー
「どうかしら」ギャー
「喰らいなさい!」ギャー
声だけ聞いてると(いや見てても)まるで地獄絵図のよう
ソフィーの眼がランランと光っていた、悪魔の力復活の日は近い

psu20060910_005159_029_R.jpg

「ふう、意外と遠かったわね」ソフィーは良い汗かいて清々しい顔だ
「おお、つきましたの!混浴はどこですかの?」OYA-Gは別の意味で清々しい顔をしていた
「ここは中継地点です、もうちょっとあるかないと」セスタが冷静につっこむ
ガックシ(´д`){エーッ]
ガーディアンズ設置のショップで買い物をしているとの店員のキャストが話しかけてきた
「ミナサマ、オンマゴウグ討伐ドウゾヨロシクオネガイシマス」
「ほ、おんまごうぐとはなんじゃ?」
「オヤ、派遣サレタガーディアンデハアリマセンデシタカ。シツレイシマシタ」
「オンマゴウグ・・・」セスタの表情が曇る
「あら?知ってるのセスタさん」
「来る途中飛んでいるのがいましたよね、その親玉です」
「まー、ワシ等には関係ない事ですじゃ、ささ、早く温泉に行きますぞ!」
「残念デスガ、オンマゴウグヲ討伐シナイ限リ温泉にタドリツク事はデキマセン」
「な、なんですとぉー!」
「オンマゴウグハ空ヲ自由ニ飛ベル為フライヤーデサエ撃墜サレテシマイマス」
「なるほど、それで貸出し中止だったのね」
「どうします、あぶないしもどりますか?」
「そうねー。・・・でもなんだかおじさまがはりきってらっしゃるわ」
OYA-Gが卸したての武器をブンブンと振り回している、瞳には異様な光が灯っていた
「・・・いつでも行けますぞ・・・」背中越しに声をかけてきた
”混浴”の2文字の前にはフライヤーを落とす敵など眼中になかった。
理由はともかく醸し出す雰囲気はそれはそれはかっこよかった
「おじさま、ステキだわ!みんないきましょ!」
「じーちゃほれなおしたお!いここ~!」
「ん、まあ。なんとかなるでしょ~」最後にセスタも賛同した。なんだかんだいっても戦闘民族の血が騒ぐ

psu20060910_005407_030_R.jpg

「それじゃ、任務受けるわね」「あい」「おう」「にゃー」
誰も手のつけていないフリーミッションを受諾する。本部の端末から情報が送られてきた
 
 凶暴な原生生物を片付けながら温泉方面へと進んでいく。
相変わらずいやらしい敵ばかりだがだいぶ慣れて楽に戦えるようになってくる。
psu20060910_011333_031_R.jpg

程なくしてオンマゴウグのいると思われる場所へ辿り着いた、が突然OYA-Gの動きが止まってしまった

psu20060910_011452_032_R.jpg
psu20060910_011503_033_R.jpg
psu20060910_011507_034_R.jpg

狙撃しようとしたら動いた。白ヒゲ危機一髪(ヒゲ無いけど)

「精神統一をしとったんじゃ、こんよ・・・任務の為には万全をつくさなの」
「じゃ、いくわよ!」
勢い良く4人が広場に飛び出す、羽が生えた大きな猿ようなバケモノが襲い掛かってきた
空中を飛び回り魔法も接近武器も届かない「むっきー!おりてこい~!」
「羽を狙って!」セスタが叫ぶ。ハンドガンを撃ち込むもののどうにも射程がたりない。
空中から岩を投げ火の玉のようなモノを投げつけ地面からは妙なナマモノが絡み付いてくる。
ああ、もう!きもい!うざい!えっちー!
ソフィーねーちゃが倒れ(たフリ?)うちも火の弾がもろに多段ヒットして力尽きてしまった、視界が暗くなる

psu20060910_012312_035_R.jpg

psu20060910_013911_038_R.jpg


気がつくと中継地点だった、おじじとセス姉が力尽きたうちらを抱えここまで運んでくれたらしい。
「くやしいけど、修行のやりなおしね」「人数もほしいですね」
「あれ?じーちゃは?」「なんだか泣きながら帰っていきましたよ。よっぽど温泉浸かりたかったんだなー」
「そっかー、お背中流してあげたかったな」
「いつか温泉につかれるレディーになるためがんばるわ!それじゃ今日は帰りましょ」

まるで歯が立たなかった悔しさをちいさな胸に秘めうちらはニューデイズへと帰っていった
「今度会ったら、絶対キャーンいわしたる!!!」

テーマ : ファンタシースターユニバース - ジャンル : オンラインゲーム

<< コウメイノワナ  【BACK TO HOME】  ニューデイズデイズ2 >>


◆ コメント ◆

「おひさしぶりに」


あかねこさん、こんばんは~
Bクエが力不足で行き詰まりつつあるあしかです。
こういう時はそろそろタイプ変更の時期なのかな?
と思い始めてたりします(汗)

クラス変更前にビーストFOコンビは果たしておきたいので、
今夜あたりは32にお邪魔しよかなと思っております。
もしお会いできたら宜しくです。


「いらっしゃいませ!」


どうも、こんばんはです!
すっかり油断してワールド2で遊んでました><;
32のパルム西カフェにいますのでまだいたら
あいたいですね~><といってももうAM2:00


「プロフのとこに」


2Wって書いてあったのを見落としてました。

というか、2Wで遊ぶのは自然な流れではないかと思う今日この頃。
昨日は結局途中落ちから復帰できず断念という形に…

そして今書き込み見たらお待ち頂いていたようで申し訳ない限り(汗)
とりあえず1W2W問わず32には居るようにしてますので、
再度指定して頂ければお伺い致します。


「そうですね~」


ワールド1は入りたいときに入れませんのがね~
サーバー減ってますし(´ω`;)
というわけでワールド2のユニ16の
パルム西カフェでまったりにゃんこしてますので
よかったら遊びましょう~!

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。