≪いらっしゃいませ~≫

≪プロフィール≫

あかねこ

Author:あかねこ
銃と魔法が大好きなぬこむすめ
あちこちネトゲをかじりつつ
今日もひた走る
         読み猫知らず
現在はFF11(Valefor鯖)
真三国無双オンライン(劉備軍)
あたりで迷走ちゅう

≪最近の記事≫

≪カレンダー≫

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

≪星が見える名言集100≫

≪カテゴリー≫

≪月別アーカイブ≫

≪リンク≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メザメルチカラ

 最近ヘンな夢をみる―
なにかちっちゃなモノを無邪気に破壊する、夢。
そしてそれを食べていると後ろから誰かに・・・・
うちは生きてる、殺されたりなんかしてへん。ただの夢や

psu20060920_232027_003_R.jpg

 今日もねーちゃと遺跡調査隊の入るレリクスを掃除して回る。
いったいどこから湧いてくるのか今日も敵がいっぱいだ。

psu20060921_002228_014_R.jpg

これがすんだらまたカフェでいろいろ食べれる。いやたまにはにゅ~でいずにもいかないと
ちょっと興奮気味によだれをぬぐいながら走ってると後ろでうめき声が聞こえた
「?」
振り向くとねーちゃが、ちっちゃなねーちゃがそこにいた。
「見たことのない敵ね・・・」
え?敵?

psu20060921_002156_011_R.jpg

「喰らいなさいッ!!」
容赦なくフォイエが飛んでくる
「ギニャー」
とっさに飛びのいたもののすこし尻尾が焦げてしまった「ね、ねーちゃ熱いよ」
「そ、その声は・・・ねこちゃなの!?」ちっちゃなねーちゃが驚いている
そこへ隙を窺っていたゴルモロが飛び掛った。
とっさに腕を伸ばしゴルモロを叩く、いつもより小さなそれは簡単に吹き飛んで絶命した
「な、何この手・・・」うちは自分の手を見て愕然とした。
いつものちっこいぷりちーな手じゃなく鋭い爪の生えた猛獣のような手
慌てて全身を見回してみる。金色に輝く毛に覆われた体躯、長い手足。―そしてぼいん
ぼいん!?
思わず触ろうとした瞬間光に包まれ、気がつくとうちはいつものちんちくりんな体に戻っていた
「よかった、いつものねこちゃに戻ったわ~」嬉しそうにねーちゃが抱きついてきた
ううみゅ、ぼいんがしぼんだ・・・・



通路の影に二人組の男がいた。
「力に飲まれての暴走はなしだな」「ああ、だが本番はこれからだ」
「もう3匹目なのだからな、少しは期待に応えて貰わないと困る―おっと」
二人の気配が即座に消える。
「・・・?なにかいたように感じたんだけど、気のせいかしら」
ソフィーが通路角をのぞきこみ何もいないのを確認してもどってきた。
「で、ねこちゃは心当たりないの?」「うん、さぱーり」
「ちょっとあの人を呼んでみましょ」
しばらくしてせす姉がぼいんを揺らしやってきた。
「どうしたんですか?ねこちゃが一大事って」
「実はカクカクシカジカなのよー」
「ああ、もうそこまで成長したのか~。ねこちゃおめでとう!」
「うぅ?ありがとにゃん」「ソフィーさんこれはビーストが元々持ってる能力なんですよ」
ばしゅっと光に包まれ青い巨大な猫人間に変化した。
「まだ力が不安定な内は封印されているんですけど、負荷に耐えれる力を持つと封印が開放されて
この形体になれるんですよ」「そ、そうなのね・・・」
背の高いねーちゃより背の高いせす姉がさらに巨大化したことによりとんでもない威圧感があった
さっそくせす姉にコツを聞き変化を試してみる

psu20060921_220533_003_R.jpg

猫背なのにあの2mあるレオ様より大きなせす姉よりさらに大きくなった
「うは、ねこちでかっ」「が、がんちゃんいたの!?」
「セスタさんと一緒してたんだよ~。なんか慌てて走り出したから追っかけてきちゃった」
「ぼいんだねー」「ぼいんだー」どこみてんのよ!
ぷしゅー、変化はあまり長持ちしない
「しぼんだね」「しぼんだー」だからどこみてんのよ!指差すな!
しぼんだいうな!ちっくしょ~
特訓して胸だけ常にぼいん化出きるようになってやる!

テーマ : ファンタシースターユニバース - ジャンル : オンラインゲーム

<< ジゴクノゴウカ  【BACK TO HOME】  イチゴイチエ >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。